pexels-photo-414860
科学(かがく)化学(かがく)は読み方が同じなので、たまに間違える人がいます。
その間違えを正すために、科学と化学の違いの説明を書きます。

科学とは

”科”学という字にあるとおり、それぞれの専門の科の学問(勉強)のことを指します。
学科には数学、文学、社会学など様々あります。
「学科」が分かりにくい場合は、数学=算数、文学=国語、社会学=社会、という風に学科を「教科」に置き換えて考えてみてください。

化学とは

”化”学もその字にあるとおり、物体が化(ば)ける、変化することを学びます。
物体が変化するとは何でしょう? たとえば下のような変化があります。

  1. 氷を熱すると溶けて水に変化します。(氷+熱=水)
  2. 水を熱すると水蒸気に変化します。(水+熱=水蒸気)
  3. 水蒸気を冷やすと水に変化します。(水蒸気ー熱=水)
  4. 水を冷やすと氷に変化します。(水ー熱=氷)

この場合は、氷→水→水蒸気→水→氷が物体の変化です。
もうひとつ具体例をあげます。

  1. 南極の氷のかたまりが、温暖化で溶けて、南極の海の水になります。(氷+熱=水)
  2. 南極の海の水が、暖かいハワイに流れて蒸発して空に昇り、ハワイの空の雲になります。(水+熱=水蒸気)
  3. ハワイの空に浮かんだ雲が、寒い南極まで運ばれて冷えて雨になり、南極の海の水になります。(水蒸気ー熱=水)
  4. 南極の海の水が冷えると、南極の氷のかたまりになります。(水ー熱=氷)

化学は、物体の変化を学ぶ専門の学問(勉強)なので、科学に含まれます。
つまり、科学という大きな枠組みの中に、化学(理科)、数学(算数)、文学(国語)、社会学(社会)、、、などがあるということです。

最後に

科学(かがく)と化学(かがく)は同じ読み方なので、言葉で喋るとどちらの「かがく」か分からなくなります。
そういった問題を避けるために、化学の方を「ばけがく」と発音することもあります。